忍者ブログ

新長田呑み処 案山子のブログ

新長田駅南側、エスタプレシオス1Fで 家族で経営している「呑み処 案山子」です。 昼間はOL、夜は案山子にいる姉カカシが 好きな時に好きなだけ好きなことを書いています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏バテ

心頭滅却すれば火もまた涼しとか名言残した人前に出なさいと思う
姉カカシですこんばんは。


暑い。
死んでしまう。。
でもクーラーあたりすぎたら身体がダルい。
この微妙さわかりますよねえ?


今日は案山子定休日でした。
明日は朝から会社です。
笑点もサザエさんも見てませんが、日曜が終わることに憂鬱MAXです。


夏バテなのか、食欲があまりないので
水分ばっかりとってて、ますます夏バテ促進です。
みなさんはいかがですか?
ホント、関西の夏は苦手です。。いや、九州住んでた時も苦手でしたが。。



さてさて
こんな暑い時こそ涼しかった北海道を思い出して
備忘録その4、最終回です。
次は九州備忘録かなー



~~~~~~~~~

富良野はやっぱり北の国からでした。
セブンスターの木とか、パッチワークの丘とか。
富良野手前の美瑛も畑の緑がすごかった。
ジャガイモが有名なんですね。
ファーム富田ではポプリとかたくさん買ったからか
車内がいろんな花の匂いで充満。
窓全開にして走るもアブが入ってきたりで軽くパニック。




占冠を抜けて夕張へ。
やっぱメロンでしょと片っ端から食べに走る。
どこらへんだったか、泊まったお宿が丘の上にあって
日も沈んだ頃に車でドンドコ登って行って暗闇にビビり、
やっと着いたフロントでチェックイン中に受付のお兄さんに
「いやー、暗過ぎてオバケでそうでしたー」と話したら

「見えてなかっただけですよー

と返されて本気でビビる。(いやマジで。)




夕張から千歳へ移動。
新千歳空港を見学。
土産を物色するも、車のラゲッジスペースが
大量の三方六で埋まっていたので、三方六を九州の友達に
一旦全部送りつけた。
「3本取っていいから、あとはメモの通りに配っといてくれ」
という全くありがたみの無い手紙と共に。
空いたスペースにサッポロクラシックを2ケース詰め込む。



次の予定地は江別経由の札幌。
ここまでで予定より早く旅が進んでいたので
札幌は2泊する予定だったこともあり、
空いた時間で近くの苫小牧に再訪問。


ホッキ貝をたいそう気に入っていた友人2名は大喜び。
私ともう一人は苫小牧散策のため、車を降りて散歩。
すぐにレンタサイクルを見つけて海岸線をビュンビュン走ってみた。
瀬戸内とは違う、太平洋がずっと続いていて
水平線に感動。
泳げなさそうなくらい波が荒かった。さすが太平洋。
匂いが瀬戸内の海と全然違ってました。
(海なし県奈良出身の友人は匂いはわからんとのこと)
釣りを楽しんでいたお父さんと小さな息子さんを見ながら
オニギリ食べて1時間くらい海にいました。



ホッキ貝をたらふく食べた友人と合流して江別へ。
江別はオシャレーなレンガの建物があった。
煉瓦が有名なんですね。神戸も洋風な建物が多いけど、
北海道で見た煉瓦の建物は明治を感じました。

のちに姉カカシが今のフィットの前に中古で買った愛車ラウムは
前のオーナーが江別の人だったようでして
神戸には全く必要の無い、寒冷地仕様になったパールホワイトのラウムでした。


そしてちょっと走ったら札幌。
時計台やら羊が丘やら典型的観光。
ウワサのススキノとか。
ちなみに3年前に札幌行った時は時計台は工事中でした。


次の日に定山渓温泉へ。
そろそろ終わりを迎える北海道の旅を満喫すべく
疲れを取ろうと行きましたが、人の多さにやられる。
さすが大都市札幌から近いだけあるわ。



翌日、小樽へ。
ここも人がいっぱい。さすが観光地。
お寿司を食べて、石原裕次郎記念館を横目に見つつ
足早に余市へ。



余市はリンゴとウィスキーが有名らしく、いたるところに
関連のお土産が売られていた。
姉カカシはウィスキーを飲まないのでリンゴで。
リンゴグミが美味しかった。
リンゴジュースを大量に買うもサッポロクラシックの箱につぶされかける。



本当は積丹半島に行きたかったのだけど
古平トンネルの崩落事故が起きてからまだ復旧してなくて
復旧したらまた何年か後に行こうと約束。
あの事故はホントに痛ましい事故でした。



余市からダッシュで岩内へ。
この旅もここから始まって、ココで終わりを迎えます。
岩内から新潟県の直江津まで。
直江津で1泊して博多港へ。
(当時、博多~直江津便は1日おきの出港だったので)


車をフェリーに載せて
4人で思い出話に花を咲かせながら家路につきました。



ちなみに、翌年の冬にスキーへ行こうと再びこの船に乗りましたが
私以外の全員が船酔いしてしまい、一人ぼっちでレストランで食事して
その後すぐに例外もなく自分も船酔いで苦しみました。
冬の日本海なめてました



当時を思い出しながら、地図見ながら書いた備忘録。
長々と失礼しましたm(_  _)m


思い出したおかげで、ちょっとだけ涼しくなりました



明日は案山子開いてますので
仕事帰りにちょっと寄ってみてくださいねー

拍手[0回]

PR
  

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新TB

バーコード

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 新長田呑み処 案山子のブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]