忍者ブログ

新長田呑み処 案山子のブログ

新長田駅南側、エスタプレシオス1Fで 家族で経営している「呑み処 案山子」です。 昼間はOL、夜は案山子にいる姉カカシが 好きな時に好きなだけ好きなことを書いています。

北海道備忘録その2。(長い)


アサリの大群が海から押し寄せてくる夢を見て
飛び起きて窓の外を確認した姉カカシですこんばんは
貝はホントに苦手なんだよーーー
・・・出汁は美味しいんだけどさ。



さて本日も案山子にお越しいただきまして
ありがとうございました
と言っても姉カカシはお休みいただいてたんですが。。


ネオに何とか野菜を食べさせようと
ニンジンとタマネギをフードプロセッサで細かく砕いて
ハンバーグを作りました。
ネオ気付かず完食。イッヒッヒ
でも姉カカシはニンジンが苦手なので
食べるのが怖かったデスケド。。



さて北海道備忘録その2です。
微妙に楽しみにしてくださってる方がいらっしゃるとのことで
懲りもせず続きです。



襟裳岬から進路を北へ向けて帯広へ。
帯広は豚丼が超有名で姉カカシたちも豚丼ガッツリいただきました。
でも、姉カカシたちのヒットは柳月というメーカーの
三方六というお菓子。
白樺の幹をイメージした、チョココーティングされた
バウムクーヘンです。
滞在中何本食べた事やら・・・。。




そのまま東へ進んで釧路湿原へ。
タンチョウが見れるかも?という小さなカフェに行って
大きなリンゴパイを食べながら2Fの小さな望遠鏡で
タンチョウウォッチング。
姉カカシの手が望遠鏡を覗く友達に接触し、
その振動で友達がタンチョウを発見するという奇跡。
すぐにバッサーと飛んで行っちゃいましたが。


夕焼けの中、途中休憩でだだっ広い場所で車を止める。
四方八方、見渡す限り平野が続く。
こんなとこ、初めて見た。
私はなぜか胸も頭もいっぱいになってしまい
卵の黄身みたいな太陽を見ながらしゃがみこんでしまった。
未だに4人の間で語り継がれる7不思議。




さらに東へ進み、厚岸へ。
厚岸では友達が楽しみにしてた海産物がメイン。確か牡蠣。
姉カカシと友達1名はパス。




さらにさらに東へ進み根室に到着。
ホテルに入ると何やら警察やら地元の人たちが海の方へ向っていく。
何か事件かなあーと思ってたら、漁船がロシア側からの銃撃を受けて
船長さんたち大怪我したんだとか。ひぇー。
ホテルの窓は2重窓。初めて見た。

次の日に北方領土を見るべく納沙布岬へ。




車を走らせていると、行先表示は日本語とロシア語。
山口の下関から九州の門司へ入る時に韓国語が併記されてるのと
同じような感じ?
四島のかけはし近くでは落書きにも「島を返せ」とか書いてたり
湾内には国後島が見えたり。
ここは何だか深いなあ。



そのまま北へ向かい野付半島へ。
今はほとんど倒れてしまったトドワラが、私が行ったときには
まだありました。
遊歩道を歩きながら、次に立ち枯れするのは後ろに控えるナラの木なんだろうなあと。
塩に浸食されるのも時間の問題と言われてました。




さらに北へ向かい知床半島へ。
今は世界遺産となった知床、私たちが行ったときは国定公園で
半島の先には足を踏み入れることができなかったので
遊覧船に乗ることに。
3時間、ギッチリ加藤登紀子さんの知床旅情をききながら。
断崖絶壁や、絶壁から流れる滝やら。ここは絶景でした。

みんなでイクラを食べに行くも、私はパスして羅臼昆布でしめた魚を食べる。
須磨産まれで、海の近くの出身なんですけどね一応・・。。。



少し南に下り、摩周湖へ。
霧の摩周湖で有名ですね~。
霧が見たくて朝早く行ったのですが、この日はスッキリ晴れて霧は見えず。
売店のおばちゃんが
「霧が晴れてる朝なんてあまりないからね~
そんな日を見た女性は行き遅れるという噂が・・(笑)



ええ、未だ4人とも嫁には(以下自粛)
みんな仕事して昇進したり全国駆け巡ってたりしてるもんなあ。。
4人で寂しく「マリモようかん」を食べつつ摩周湖をあとにして屈斜路湖へ。



その2終わり。
さすがに1カ月弱の旅は長文になるなあ。



さて。
テレビもガッチリ見終わったし今日はここまで。
多分、その3で終了になると思います。



明日は案山子はお休みです。
月曜日からまた頑張りましょう!

拍手[0回]

PR
  

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新TB

バーコード

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 新長田呑み処 案山子のブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]